ミニミニファッショニスタ

ミニミニファッショニスタ

価格や履きやすさなどに注目してみることが大切

キッズシューズの選択

靴

デザインだけにこだわるのはNG

キッズシューズは年々お洒落なデザインのものが増えてきていますが、デザインを重視しすぎるのは避けた方が良いと言えるでしょう。足にフィットするようなサイズでなければ、転倒の原因になってしまうことがあります。サイズが大きすぎる、その逆で小さすぎるキッズシューズは子供の怪我に繋がることもあるので、心配であればサイズの調整が可能なタイプを選択しておくと安心です。

通気性の良さを確認

子供の肌はとても敏感なので、ちょっとした刺激でかぶれてしまうことがあります。赤ちゃんの肌は特に繊細です。汗をかくとあせもや湿疹が現れてしまうことも珍しくありません。キッズシューズを履かせるのであれば、蒸れないような機能性を備えているか確認してみましょう。靴下を履かせるとなると余計に蒸れやすくなるので、長時間履かせるならサンダルタイプのキッズシューズがおすすめです。

年齢や身体の大きさも考慮しよう

1歳頃であれば立って歩くことが精一杯です。歩行能力がまだ不安定な時期は、柔らかめのキッズシューズが好ましいと言えます。また、自分で靴を履くことが難しいため、保護者が履かせやすいデザインであることも大切です。
2歳を越える頃には自分の足でしっかり歩けるようになるため、キッズシューズの機能性に注目してみましょう。靴底に弾力性があれば足が疲れにくく、歩行能力が高くなった子供にはぴったりです。

店舗でサイズを測ってもらうのもアリ

購入したキッズシューズのサイズが合うか不安なら、子供服を扱う専門店でサイズの測定を行なってもらうと良いでしょう。もちろん保護者が自らサイズ測定を行なうことも可能です。すぐに成長する子供は定期的にキッズシューズを買い換えなければいけないため、正しいサイズの測り方を知っておくと良いでしょう。
計測シートなどは市販のものを購入することができます。シートの上に子供を立たせ、かかとから先端までの長さを測るだけなので比較的簡単です。5ミリから7ミリほどプラスしたサイズのキッズシューズが理想的でしょう。計測シートがすぐに用意できなければ、ものさしやメジャーなどを代用しても問題はありません。しかし足のサイズは履き心地を左右するものなので、正確に測らなければいけません。

子供服の専門店が便利

キッズシューズを購入するなら、子供服全般を取り扱っている専門店が役立ちます。特に通販は商品数が多く、店舗を利用するよりも好みのアイテムを見つけやすくなっているのです。キッズシューズだけではなく子供服も多く販売されているため、子供のコーディネートも自由に楽しめるという点に注目が集まっています。帽子や靴下などの小物もまとめて購入したいという場合、通販であれば手間と時間をかけずに済むので、子育てに忙しい保護者にとってかなり便利なツールになるでしょう。
ベビー用品からキッズ用品までのアイテムを扱う通販は更に便利です。0歳から6歳くらいまで同じ通販で子供服を購入できるため、複数の店舗を利用する必要がありません。こうした通販では抱っこ紐や搾乳機なども販売されていることがあります。